スポンサードリンク

Amazonの出品形態を知ろう

■Amazonには大口と小口の2種類の出品形態がある

アマゾンの出品形態

Amazonへの出品者登録がまだの人のために、

今回はAmazonの出品形態とFBAについて解説したいと思います。

Amazonの出品形態は2種類あります。

それは「大口出品」と「小口出品」です。

大口出品は月額4900円でどれだけ出品してもOKで、

小口出品は1商品売れるたびに、100円の基本成約料がかかります。

つまり、、、

「大口出品」はたくさん出品する人向け。

「小口出品」はあまり出品しない人向け。

ってことですね。

この選択ですが、本格的にせどりをしていくのであれば、

「大口出品」の一択です。

なぜなら、せどりをしていく上で1ヶ月の出品数は余裕で

50件以上になりますので、料金だけで見ても小口では

損をしてしまうからです。

また、料金もさることながら、それ以上に大口出品には

数々のメリットがあります↓

・ショッピングカートの獲得権が得られる

・出品できるジャンルが多い

・商品カタログの登録ができる

・Amazonのツールが使用できる(レポートなど)

・購入者の支払い方法の選択が多い

特に、この中の「ショッピングカートの獲得権が得られる」

大口出品最大のメリットだと思っています。

「ショッピングカートの獲得権」っていうのは、簡単に言えば

出品者の中でその商品を1番最初に売ることができる権利」のことです。

多くの購入者は、商品ページを開いて「ショッピングカートに入れる」を

クリックし、そのまま会計に進んで購入していきます。

そのときにカートボックスに入るのは、1番目の出品者の商品なんですね。

no1

あえて、別の出品者から買いたい場合は「新品の出品」というところから

出品者の一覧を表示して、そこからカートに入れて購入するのですが、

多くのユーザはそんな面倒なことはしないんです。

なので、ショッピングカートの獲得権を持っている出品者が

ダントツで有利なわけです。

小口出品の場合、このカート取得の権利がないので、

売れるスピードがだいぶ遅くなってしまいます。

その他のメリットも重要なものばかりですので、

せどりを始めるならば大口出品でいきましょう。

ちなみに、3ヶ月間は無料なので、万が一うまくいかなければ

小口に切り替えることも可能ですよ。

この点はアマゾン様の優良なサービスだと思います。

(アマゾン出品形態の公式ページはこちらです)

■FBA(フルフィルメント by アマゾン)って何?

FBA(フルフィルメント by Amazon)

大口出品のメリットが分かったところで、もうひとつ。

FBAとは一体何か?

FBAはフルフィルメント by Amazonの略です!

・・・といわれても、ますます分かりませんよね。

お恥ずかしい話、僕は最初の頃、大口出品とFBAがどう違うのかが

よく分かっていませんでしたw

「大口出品契約すると勝手にFBAになるのかなー」

みたいな感じだったんですね。

全然違います。

FBAっていうのは、簡単に言うと

商品の保管と発送をアマゾンが代わりにやってくれるサービス

です。

なので、FBAは大口出品とは直接の関係はありません。

小口出品でも利用できるようです。やったことはありませんが。

だから、僕らは仕入れた商品をAmazonの倉庫に送るだけ。

注文が入ったらAmazonが梱包&発送してくれるんです。

その分手数料を余分に取られますが、このメリットに比べたら

小さな金額だと思います。

だって、もし自分で梱包発送するとなると、

いつ注文が入ってもいいように家で待機していなくてはいけませんし、

梱包作業などに手間もかかりますから。

また、FBAはクレーム対応や返品処理も行ってくれます。

直接、購入者とのやり取りがないので、そこに時間をとられる

こともありません。

どういういきさつで返品になったのかは、若干分かりづらいですが、

後でレポートやカスタマーサポートで確認することもできます。

あと、FBAのメリットとして大きいのは、

やはりショッピングカートの取得率アップですね。

FBA出品者はアマゾンが梱包・発送するため、

Amazonの配送レベルに準じている、ということで

取得率がアップするんだそうです。

丁寧に梱包して素早く配送してくれるので、

購入者からしたらAmazon.co.jpの商品を買ったのと

変わらないサービス品質なわけですね。

(この辺の部分がよくわかっていない購入者も多いです)

で、このFBAをどうやって利用するかというと、

商品を出品するときに選ぶだけなんです。

(出品のたびに個別に選択できます)

「これから出品するこの商品はどのように出品しますか?」

発送から返品処理まで自分でやる

or

FBAを使ってAmazonにお願いする

みたいな感じですね。

なので、FBAを利用する・しないっていうのは

大口契約をして、仕入れた商品を出品するときになって

初めて出てくる選択なんですね。

僕はせどりを始める前はこのイメージがつかなくて

良く分からなかったんです。

FBAのメリットについてもっと詳しく知りたい方は

以下の公式サイトをご覧ください。

FBAのメリットについて

FBAの料金について

それでは今回はこの辺で。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. デラ より:

    こんにちは!デラです。

    アマゾンの出品、色んなもの
    があるとは知りませんでした。

    参考にさせていただきます。

    また遊びに伺います。
    応援ぽちっと。

    • ryuzo より:

      デラさん、はじめまして。
      訪問いただきありがとうございます。

      アマゾンヘルプは情報が散乱してたり、英語直訳的だったりして
      僕個人的には分かりづらいことが多かったです。。
      なので、やりながら気づいていった感じですねw

      また遊びに来てください。
      お待ちしています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*