スポンサードリンク

ツールの設定(せどりすと編)

■せどりすとの設定

せどりすと

せどりすとは、仕入れをする上で欠かせないツールです。

例えて言うなら、スケートする時のスケート靴くらい重要です!

つまり、それがなきゃせどりは始まらんだろっ!てことです。

スマフォにせどりすと(またはせどろいど)をインストールしたら、

アプリの設定をしておきましょう。

すべて最適にできれば、それに越したことはないんですが、

そんなに神経質になる必要はないです。

だって、僕はざっくりした設定ですが、

十分に利益が出せていますから (`・ω・´)キリッ

ただ、最低限おさえておきたい設定はあるので

その部分については解説していきますね。

では、参考までに僕の設定を紹介していきますね。

アプリを起動して、右下の「設定」をタップすると、

いろいろな設定が出てくると思います。

上から順に見ていきましょう。

【アイテム判定条件】

せどりすとの設定

粗利、順位は設定して置きましょう。

これを設定することで、バーコードを読み込んだ瞬間に

いけるかいけないかが、ある程度わかります。

僕は売値で2000円以下となるものは、労働対効果に

合わないと思っているので仕入れていません。

リュックのスペースはもう少し高額なもののために

空けておきたいですから。

(電脳では2000以下でも全然仕入れます。)

また、順位(ランキング)については、あくまで目安です。

カテゴリによってランクの位置づけが変わるので

一概にこの順位以上なら大丈夫!ってのはないんです。

例えば、商品数が10000個のカテゴリで5000位であるのと

商品数が100000個のカテゴリで5000位であるのは、

全然意味が違いますよね。

当然、後者の方が売れている商品ということになります。

この話は「仕入れの基準は最重要!」で詳しく解説します。

【アラート設定】

せどりすとの設定(アラート設定)

どんな条件がそろった場合に、どんな方法で知らせるか、

と言う設定です。

僕の設定で置き換えると、

  1. 粗利益が2000以上
  2. ランキングが50000位以内
  3. 新品がない

の3条件を満たしたときに、

バックグラウンドカラーが黄色背景になり、

バイブレーションがなります。

条件が合わない商品は小さく表示されます。

ちなみに、この3つの条件が全てそろうことは稀ですw

つまり、僕の仕入れ基準を満たしていれば、せどりすとの条件が

全て揃っている必要はないってことですね。

【粗利計算パラメータ】

せどりすとの設定(粗利計算パラメータ)

粗利計算パラメータですが、あまり意識していません。

一応大口、FBA使用なので設定をしていますが。

最安値基準は、最初は「新品のみ」だけで十分でしょう。

【仕入基準原価設定】

せどりすとの設定(仕入基準原価設定)

これについても、あまり意識していません。

確保利益率をパーセントとして設定値は

30%にしています。(デフォルトだったかな・・・)

まぁ、あまり気にしなくて大丈夫です。

【アプリケーション設定】

せどりすとの設定(アプリケーション設定)

後で仕入れた商品情報を、メール送信するために

「メール用添付CSV」はONにしておきましょう。

これについては、納品作業で詳しく解説します。

最近は家電量販店などでも、輸入品を多く見かけるので、

「海外バーコードサポート」をONにしています。

【API情報】

せどりすとの設定(API情報)

API情報については、設定したほうがいいんですが、

ちょっとめんどくさいです。

そもそも、このAPI情報って何なのか、ってことなんですが、

すごく簡単に言うと、

Amazonに商品情報を取得しにいく際のアクセスキー

なんですね。

このキーを設定していないと、Amazonのシステムに

何か変更があった際にせどりすとがそれに対応できず、

情報が取得できなかったり、

アプリが起動しなくなっちゃったりするんです。

設定していなくてもたいていは使えますが、

しておいたほうが無難です。

仕入先のお店について、さぁはじめよう!って思った矢先に

アプリが起動しないとかだったら致命的ですからね・・・。

アクセスキーの取得についてはこちらのサイトで

詳しく解説してくれています。

http://www.ajaxtower.jp/ecs/pre/index1.html

取得したキーは長いので、

パソコンからメールでスマフォに送信して

コピペしたほうが確実ですよ。

以上で、せどりすとの設定は完了です。

もっと細かい設定をしたい!と言う方は、

アプリ製作者の府御門(ふみかど)さんという方が、

こちらのブログで細かく解説してくれていますので、

参考にしてみてください。

>> ツールの設定(KDC200編) につづく

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*