スポンサードリンク

せどりの全体的な流れ

ショッピングモール

■せどりの舞台、アマゾン!

さて、せどりの語源と、ビジネスとして成立する理由が

理解できたところで、この章では「せどりの全体的な流れ」

解説していきます。

と、その前にアマゾンというショッピングサイトの

出品形態を知らない方もいらっしゃると思うので、

かるーく説明しますね。

(僕も最初アマゾンについて正しく理解してませんでした。。)

まず、「アマゾン」は例えて言うなら

バカでかいショッピングモール

だと思ってください。

そのショッピングモールにいろんな店が出店しているんです。

店といっても「大手家電量販店」から「個人せどらー」まで様々です。

その数はなんと16万店舗以上だというから驚き!

実在したらとんでもないショッピングモールですよ。

そして忘れてはいけないのが、ショッピングモールの主である、

アマゾン自体も商品を販売しているんです。

この区別が僕にはありませんでした。

みんなアマゾンが売っているんだと思ってたんですねw

なので、アマゾン様に出店させてもらう契約をした上で、

はじめて商売ができるわけです。

■せどりってどんなことをすればいいの?

で、話を元にもどしますが、

せどりはざっくり言うと以下の手順で作業をしていきます。

0.準備:Amazonへの会員登録や必要な道具を揃える。(最初だけ)

1.仕入れ:商品を買いに行く。(またはネットで仕入れる)

2.Amazonへの出品作業:何を出品するのかをAmazonに通達。

3.商品の梱包:ダンボールに商品を箱詰めする。

4.商品の発送:Amazonに商品を配送する。

5.維持管理:商品価格の調整や、売上の管理など。

と、まぁだいたいこんな感じです。

最初の準備としてAmazonへの登録作業というのが

ありますが、これはぶっちゃけ仕入れができた後でもかまいません。

というよりそのほうがいいです。

というのも、登録作業そのものは5分もあれば十分に終わりますし、

すぐに登録してしまうと、3ヶ月間無料の月額手数料がもったいないからです。

最初は、各作業でつまづくこともありますので、ギリギリまで登録は

しないほうがいいですよ。

あと、せどり初心者の方は4の「商品の発送」

という部分に疑問を持ったかもしれませんね。

Amazonに商品を配送するってどういうこと?」

商品は家から購入者に送るんじゃないの?

このサイトで紹介するせどりは、

FBA(フルフィルメント by Amazon)

というアマゾンのサービスを利用して販売を行います。

FBAって言うのは簡単に言うと、

商品の発送代行をしてくれるサービスです。

なので、商品を仕入れたらまずは

アマゾンの倉庫にそれを送ってしまうんです。

で、実際に購入者から注文が入ったら、アマゾンがソッコーで

配送してくれるんですね。

これは出品する側にとってすごいメリットですよ。

だって、もし自分で発送する場合は、

いつ入るかわからない注文を家で待ってなきゃいけませんし、

旅行に出かけているときに注文が入っちゃったら

お客さんを待たせちゃいますよね。

ちなみに自分の家から購入者に直接商品を発送する

こともできます。

あらかじめこの商品は「アマゾンから」、

これは「家から」というように決めておいて、

FBAを利用する商品だけをアマゾンに送るイメージですね。

ちなみに僕はほとんどFBAしか利用していません。

FBAを利用するメリットは、先に書いた配送のことだけではないからです。

詳しくはこちらを参照してくださいね。

ちょっと話がそれてしまいましたが、

Amazonに配送するっていうのはそういう理由なんです。

それでは、ここからは各作業について

もう少し詳しく解説していきます。

>> せどりに必要なもの。 へつづく

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*