スポンサードリンク

ヒマリッチを本気で目指すなら行動あるのみ。

act_1

■一人カラオケからの学び

皆さんこんにちは。りゅうぞうです。

先日、子供たちと一緒に、初めてカラオケに行ってきました。

4歳と2歳の子供なので、歌う歌と言えばアンパンマンとか

プリキュアとか、あと童謡なんかですね。

僕はと言えば、GLAYやミスチル、ウルフルズとかを

何曲か歌いました。青春時代はバリバリの90年代です。

当然のことながら、子供たちには受けがよくありませんでしたが(笑

それで、久々にカラオケに行ったことで、

ちょっと昔のことを思い出しました。

僕は、東京に出てきた当時、こっちに友達もいませんでしたし、

大学生活もヒマがたくさんあったので、

よく一人でカラオケに行っていたんです。

今でこそ認知が広がってきている「一人カラオケ」ですが、

当時は一人で入店する人はほとんどいませんでした。

だから、友達同士で歌いにきている人が多い中、

僕は結構浮いていました。。

始めて一人で行ったときのことは今でもよく覚えています。

大塚駅を出てすぐのところにある雑居ビルにある歌広で、

とても小さい店でした。(たぶん今でもあります)

受付(たしか5階か6階)にはエレベーターで行くんですけど、

歌広以外だと、居酒屋が何店舗か入っているだけのビルでしたので、

昼間にエレベーターに乗ってくるのは、みんなカラオケに行く人でした。

僕がエレベーターに乗ろうとしたとき、3、4人くらいの

大学生っぽいグループと一緒になってしまって、

受付までの間、とても気まずかったのを覚えています。。

でも、僕には固い意思がありました。

やっと始まった大学生活。

来たるべき合コンに備え、自分の必勝持ち歌を作ろう!!

と意気込んでいたんです(笑

個室に入るまでは結構気まずかったものの、

いざ入ってみると、もはやそこは自分のライブ会場でした。

好きな曲を次から次へと入れまくって、

のどがかれるまで歌いました。

店を出るときはとても満ち足りた気分で、

また行こうと思ったんです。

それからというもの、僕は一人カラオケに抵抗がなくなったんですが、

この話を人に話すとこんな風に言われることがありました。

よく一人で行けるなぁ。オレも行きたいけど

ちょっと恥ずかしいから無理だよ。

一人でカラオケに行ったことのない人にとって、

それは高いハードルに感じるんです。

僕もそうだったのでよくわかるんですが。

最初は気まずかったものの、一度克服してしまえば

なんてことはないことなんですけどね。

■行動したならそれはすべて成功

ちょっと前振りが長くなってしまいましたが、

ここからが今日の本題です。

今日は「行動の重要性」についてお話したかったので。

世の中には「行動力」っていう言葉があります。

自分で決めたことを実行に移す力のことですね。

いろんな解釈があると思うんですけど、

僕としてはひとつのポリシーを持って使っている言葉です。

どんなポリシーかっていうと、

メンタルブロック(心理障壁)を乗り越えて行動できる力

というものです。

めんどくさい、怖い、恥ずかしい、自分には無理。

行動するときっていろいろな負の感情が働きますが、

これをメンタルブロックと言います。

メンタルブロックに負けずに、自分のやりたいことを

実行できることを行動力と呼んでいるんです。

そこには強い意思と勇気が必要です。

僕が一人でカラオケに行けるようになったのは、

合コンで一歩前に出たい!という強い意思があったからです(笑

(そして、自分がみんなの前で歌っている様子を鮮明にイメージしながら

歌を練習しました)

メンタルブロックがやりたいことを邪魔しているケースって

日常生活にはたくさんありますよね。

例えば、

体を鍛えたい。

でも、今日はつかれたから明日から筋トレを始めよう。

 

 

部屋が汚いから片付けないと。

やっぱり、めんどくさいから来週やればいいや。

 

 

飲み会に参加したい。

でも着て行く服がなくて恥ずかしいから今回はやめておこう。

 

 

英会話教室に行きたい。

でも自分には無理そうだからやめておこう。

みたいな感じですね。

でも、こういうのって、いざ行動してみちゃうと

案外大したことはないんですよね。

僕が思うに、メンタルブロックっていうのは虚像です。

自分で勝手に作り上げた壁なんですよ。

081

乗り越える前はとても高い壁に感じるんですけど、

乗り越えてみて振り返ると、実はかなりしょぼい壁だったりするんです。

僕の場合、一人カラオケはなんなくクリアできて、

その後は鼻歌交じりで通えるようになりました。

食わず嫌いなんかも同じですよね。

1度も食べたこともないのに、なんとなく毛嫌いしていて、

思い切って食べてみたらやみつきになってしまった、みたいな。

もしかしたら、自分の大好物を見逃したまま

生きているかもしれないわけです。

だから何もせずにやめてしまうのって

とってももったいないことなんですよね。

食わず嫌いだった食べ物が、好物に変わったら大成功です。

食べてみてやっぱりおいしくなかったら、それは大発見ですよ。

食べてみたから自分に合わないっていうことがわかったわけですから。

食べなければ一生知りえなかったことです。

しかも、まずかったというエピソードは話のネタにもなりますし(笑

ちょっとだけまずい思いはしたけど、

十分におつりのくる経験だと思いませんか?

逆に言えば、失敗を恐れてチャレンジしなかったら、

それは本当の失敗なんじゃないでしょうか。

この先ずっと自分の空想しか思い描けませんし、

語ることもできないんですから。

行動を起こせた時点で、それはすでに成功だと思うんです。

■ヒマリッチな生活のためにとにかく動く

以前、こちらの記事でも熱く語りましたが、

最終的に「ヒマリッチな生活」を手に入れることが僕の夢です。

具体的に目指しているのは、こんな生活です↓

—————————————————-

労働日数:週に3日

労働時間:2~3時間

月収  :200万円以上

—————————————————-

会社勤めされている方ならわかると思いますけど、

普通に会社員をやっていては、ほぼ確実に叶わない生活です。

年齢給をもらえたら御の字のご時勢ですよ。

普通の中小企業、いや大企業でもそうかもしれませんが、

定年まで働いたって月にこんなにもらえるところはまずありませんから。

仮にもらえたとしても、この労働時間は考えられないと思います。

だから、世の中からは冷たい目で見られるかもしれませんけど、

そんなことは関係ありません。

身の程なんてわきまえるつもりもありません。

絶対に手に入れたいと自分で決めちゃったので、

マジで行動を起こしています。

僕の意思は固いです。

常にヒマリッチな生活を手に入れることを念頭において、

そのために必要な行動に取り組んでいます。

2014年4月に、僕はせどりビジネスに取り組むことを決めました。

それまでの生活を心の底から変えたいと思ったからです。

会社員だけでやって行く必要はない。

別の収入源を開拓して、とっとと今の生活から脱出するんだ!

って思いでした。

でも、そんな思いとは裏腹に、メンタルブロックも当然ありました。

本当に稼げるようになるんだろうか・・・

この先も続けていけるだろうか・・・

失敗してお金を失ってしまったらどうしよう・・・

1日、2日は真剣に悩みましたね。

会社に行っている間もこのことがチラつきました。

僕の意思とメンタルブロックが戦い続けました。

でも最終的に勝ったのは僕の意思の方でした。

こちらの記事でも、まずはしっかりと目的地(自分がどうありたいのか)を

鮮明にイメージしましょうって話をしましたが、

固い意思を作るにはこれがとっても重要だと思っているからです。

だって、自分がどうなっているかをしっかりイメージできたほうが

モチベーションが上がるのは間違いないですからね。

そしてその意思が行動力を生むんです。

あと、行動に際して、あまりダラダラと考え込まないことですね。

僕の経験上、長く考え込むほどメンタルブロックは姿形を変えて

高く聳え立つようになりますので。

いっときだけは真剣に考えて、あとはサクっと行動しましょう。

ビジネスは特にそんなノリが重要です。

カルロスゴーンさんという有名な経営者がいますよね。

Carlos Ghosn

倒産寸前だった日産自動車をたった1年で業績回復に導いたり、

いくつもの大企業の取締役を兼任している超敏腕経営者です。

彼もこんなことを言っています。

———————————————————–

素晴らしい計画は不要だ。計画は5%、実行が95%だ。

———————————————————–

考えるのはちょっとでいいから、それよりもとっとと行動しなさいよ!

ってことです。

皆さんも、自分の生活を変えたい、ヒマリッチな生活を目指したい!

と心の底から思ったなら、実際に行動することを意識してみてくださいね。

それでは。

p.s

一人カラオケの成果ですが、残念ながら合コンで炸裂することはありませんでした。

なぜかというと、カラオケに行く機会にほとんど恵まれなかったからです(笑

何度かあるにはあったんですが、皆泥酔状態で歌なんてほとんど聞かず

眠ってしまっている状態でした。休憩にカラオケを使ったという感じですね。

僕だけがしっかりと歌える状態だったので、ほとんど一人カラオケでしたよ。

でも、その後、努力の成果が実るときがきたんです。

それはバイトの忘年会。しかもバイトはカフェ、ということでほぼ女子!

バッチリとTomorrow never knowsを決めさせていただきました。

その成果かどうかはわかりませんが、今家でメシを作っていヨメは

そのときのバイト仲間です。

いや、きっと一人カラオケの成果だと信じています(笑

一人カラオケは個人的にもすごくお勧めです。

単純にストレス発散にもなるし、人前ではちょっと恥ずかしいけど

感情を込めて歌うことができますから、すごく自分の情緒に

触れることができます。

(歌っていて泣きそうになってしまったり。。)

皆さんもよろしければチャレンジしてみてくださいね。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろたか より:

    りゅうぞう様。はじめましてひろたかと申します。私も1981年生まれで子供2人の父親です。たまたま見つけたりゅうぞう様のブログを拝見してヒマリッチという考え方に非常に共感しました。特に気になったのがせどりリサーチツールです。プログラミングには疎いものでどのように作成したのか分からず思わずコメントしてしまいました。一連の流れや使っている言語など大まかで良いので教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

    • ryuzo より:

      ひろたかさん
      はじめまして。ご訪問いただきありがとうございます。

      ヒマリッチはなかなか険しい道のりですが、
      取り組んでみる価値のある目標だと思っています。

      同世代の方には特に伝えたいメッセージなので、
      共感していただけたのはうれしいです。

      リサーチツールについてですが、Java言語を使った
      HTTP通信、HTML解析、MWSによる商品情報の取得を行っています。

      MWSについてはこちらにライブラリがありますので興味がありましたらどうぞ↓
      https://developer.amazonservices.jp/gp/mws/docs.html/377-6315430-8642032

      動画中でも解説しましたが、段階としては大きく3段階に分けています。

      1.ショップから商品情報(商品名、JANコード、価格など)を取得する。
       ここではMWSはつかっていません。単純にHTTP通信とHTML解析です。

      2.モノレート分析を行って商品の売れ行きを確認する。
       ここでもMWSは使いません。HTMLを分析して波打ち回数や売上回数の分析を
       しています。

      3.Amazon最安値を取得して利益計算を行う。
       ここでMWSを使ってAmazon最安値やFBAの手数料などを計算します。
       
      MWSはなかなか文献も少なく、探り探りやっていますが、
      今後も何か面白いツールを作っていけたらと思っています。

      また遊びに来てください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*