スポンサードリンク

Youtuber(ユーチューバー)の稼ぎ方は理想的?

■Youtuber(ユーチューバー)という人達

遅ればせながら、皆さん、あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします。

正月は実家でだらけきった生活をしていました(笑

もちを食べ、カニをむさぼり、ぼーっとテレビを観る。

また、もちを食べ、カニをむさぼり、ぼーっとテレビを観る。

この繰り返しでした(笑

東京に戻って、仕事も始まりましたので気持ちを切り替えないと・・・

それで、新年一発目の話は、今ちまたで話題の「ユーチューバー(Youtuber)」

という人達のお話をしようかと思います。

知らない人のために、簡単に説明しておきます。

ユーチューバーとは読んで字のごとくなんですけど、

Youtubeに動画をアップして広告収入を得ている人達です。

こんな感じで↓

もともとは、自分たちの趣味の動画をアップしてたんだけど、

そのうちに再生回数がとてつもない回数になっちゃって、

その人気にあやかって、企業が広告掲載を依頼しているんですね。

僕がユーチューバーの存在を知ったのはつい最近のことなんですけど、

Youtubeの広告掲載自体は結構昔からあったようなんですよね。

「Youtubeパートナープログラム」って言うやつで、2011年4月から

あったそうです。

動画に貼られたバナー広告とか、動画が始まる前に流れるCMが

ありますよね。ああいうのがパートナープログラムです。

あのリンクから商品が購入されると、ユーチューバーに何パーセントかの

お金が入ってくるという仕組みですね。

正月に実家でネットをやってたときに、はじめて彼らの動画を観たんですが、

それが実に、、、、実にくだらないんですね。

たとえば、10円玉に激辛ソースとタバスコをかけてみて

どっちがきれいになるかとか。

家にあった腐っているものをいろいろと食べてみるとか。

パズドラやっている様子を写しているだけとか。

基本的には、観終わった後にモヤっとするものが多かったです。

まぁ、ときどきニヤリとするくらいでしょうか(笑

でも、Youtubeって「you(あなた)」の「tube(チャンネル)」って意味ですから、

自己満足的に作った動画を自由に発信していいわけですよね。

人にとやかく言われる筋合いなんてないわけですよ。

もちろん法に触れたり、人を傷つけるような動画はダメですけどね。

それで、僕が注目したいのは、

これが立派なビジネスとして成立しているってことです。

彼らの年収は、数千万とか億単位になるって話です。

ユーチューバーとしての収入だけで生活ができているのは

まだまだごくわずかしかいないようですけど、

それにしても驚異的な収益ですよね。

ただ、自分たちの自己満足動画をアップしているだけなのに、

数年でサラリーマンの生涯賃金を稼いでしまうわけですから。

ホント、今のご時世、ビジネスのあり方が多様化してるんだなぁ

と思い知らされます。。

僕の価値観からしたら、全然くだらないことでも、

これを楽しみにしている人達がいる、つまりニーズがあるわけです。

ニーズがあるから人が集まるし、人が集まるから

ビジネスとして成立するんですよね。

芸能人でもない普通の人が、とってもくだらないことを、

真剣にやっている様子を見たい人達がいるってことです。

コンテンツ内容は残念ながら僕の価値観には合いませんでしたが、

ビジネスそのものは、とっても理に叶ったものだと思います。

ユーチューバー本人たちは、好きなことをして動画をアップするだけ。

ファンはそのコンテンツを観て満足する。

そのファンの一部が商品を購入して、企業とユーチューバーが潤う。

ユーチューバーは、尚いっそう動画作成に励むし、

ファンも新しい動画を楽しみに待つ。

別に不幸になっている人はいませんよね。

ちゃんとWin-Winの関係が成立しています。

「好きなことで生きていく」

このフレーズ、はっきり言って僕は大賛成です。

なぜなら、

好きなことをしているときが一番楽しいし、

一番力を発揮できると思うからです。

この考え方については、異をはさむ余地はありません。

子供のころ毎日あけくれていたテレビゲーム。

ずっとやっていられたらどんなに幸せだろう、と思ったものです。

昔はゲームがいくら好きでも、それで食っていくことはできませんでした。

でも、今はゲームのプロっていうのもあります。

pro_gamer_1

対戦ゲームを上映して、観客を楽しませるひとつの

エンターテイメントとして成立するようになってきたからですね。

「好きなことで生きていく」

根本的には、誰もがそんな風に生きていきたいと思うはずです。

でも、残念ながら新しい文化、考え方が生まれると、そこに拒絶反応も

同時に生まれるのも事実です。

ユーチューバーやプロゲーマー。

世の中にはこういった稼ぎ方を、よしとしない人達もたくさんいます。

あんなくだらない動画で収入を得ているなんて意味がわからない。

仕事はつらいもの。好きなことで生きていくなんて甘えだ。

こんな稼ぎ方が成立してしまう今の時代はどうかしている。

今度、ユーチューバーの動画コメントを見てみて下さい。

結構ひどいことを書かれています。

実のところ、ユーチューバーのファンの多くは10代、20代の若者です。

30代以上の「仕事っていうのは大変なもの」「お金は苦労して働いて稼ぐもの」と

思っている人達にはウケよくないのも分かる気がします。

年を取ると人間頭が固くなってしまいますし、自分の現実と照らし合わせて

価値観を判断するようになってしまうからです。

嫌なことを努力してやることって、僕は偉いことだとは思わないんです。

その我慢強さは、人としてすぐれているかも知れませんが。

好きなことを真剣にやる、それも立派な努力ですよ。

まぁ、好きなことだとそれはいつの間にか楽しみに変わっちゃうので、

本人は努力っていう意識をしなくなるのですが。

これから先、年齢とともにもっと石頭になっていくかもしれませんが、

物事に対して、ある程度は柔軟に捉えるようにはしていきたいですね。

僕はユーチューバーになるつもりはありませんが、

好きなことで生きていく、という考え方は実践していきたいと思っています。

それでは、2015年度もよろしくお願いします!

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*