このサイトについて

thumb5

■自分のビジネスでお金を生み出そう

はじめまして。サイト管理者のりゅうぞうといいます。

まずは当サイトを訪問いただきありがとうございます。

このサイトでは

自分のビジネスでお金を生み出そう!

ということをテーマに情報発信をしています。

なぜ、こんなメッセージを発信しているかというと、

会社に縛られない自由な生活を手に入れたい!

という強い思いがあったからです。

そして、その思いに共感してくれる仲間に

集まってきて欲しいと思ったからです。

世の中、もっと自由に生きる人が増えていいと思っています。

でも、多くの人は、ある種の固定概念に縛られて、

窮屈な人生を生きているように思います。

これは昔から思っていたことなんですが、

日本の社会って、こんな固定概念が浸透していると思いませんか?

生活費は会社の給料で得るべきだ

会社員として働くことは立派なことだ

会社に属していれば安定した生活を送れる

老後は退職金と年金が自分を支えてくれる

僕の家族をはじめ、友人、会社の同僚にいたるまで、

基本的にはこういった考え方で生きているように感じます。

一般的な話として、フリーターで月に30万円稼いでいるのと、

正社員で20万円稼いでいるのでは、親はどちらが安心するでしょうか?

恐らく正社員の方ですよね。

正社員ならなんとなく安心。将来性もある。社会的信用度が高い。

今いくら稼いでいるかとか、楽しく仕事をしているかよりも、

まずは社会的信用が先に来るわけです。

僕の親も、フリーターだった僕が正社員になったときに

「これであんたも一人前ね」と安心したようでした。

なぜ安心なのか、と言う部分はブラックボックスで、

その響きだけに囚われているんです。

会社って収入を得るための選択肢の一つに過ぎません。

life_select_1

もともと、生きていくための方法なんて、

いろいろあっていいはずですよね。

でも、日本の社会とか教育って、子供たちを会社員にしていくような

仕組みになってしまっていると思うんです。

ちょっとだけ話がそれますけど、国にとって、

「税金を取るのに一番都合のいい職業」って何か知っていますか?

それは「会社員」です。

なぜかって言うと、会社って社員の給料から強制的に税金を天引きしますよね。

つまり、所得税とか年金を確実にとることができるからです。

食いっぱくれがないと言い換えてもいいですが。

逆に個人事業者から税金取るのって、結構めんどくさいですよ。

あれも経費、これも経費。利益はこれだけでしたーって申告されたら、

ちゃんと調べるにはお金と時間がかかりますから。

だから、国はなるべく子供たちに会社員になって欲しいと

考えていると思うんです。

子供の頃、社会の授業で日本の三大義務ってありましたよね。

こんなやつです。

1.納税の義務

2.勤労の義務

3.教育を受けさせる義務

ものすごーーく屈折した考え方かも知れませんが、

こんな風にとることもできると思いませんか?

1.納税の義務

国「税金を納めないとダメですよ」

国民「へぇ、それじゃあ働いて税金をしっかり納めよう」

2.勤労の義務

国「不労所得とかやめてね。ちゃんと働きましょう。で、納税よろしく」

国民「働かないとだめだよね。安定してて納税漏れがない会社員がいいのかなぁ」

3.教育を受けさせる義務

国「子供たちがいい会社に入れるようにちゃんと勉強させましょうね」

国民「子供たちの未来のためにも、しっかりとした会社にいれないと」

その結果、親は会社に行くのが当然と思うようになり、

子供に対して会社にいくことを前提に勉強させる。

学校も、お上(文部科学省)から仰せつかった憲法を元に、

いい会社員になるための教育プログラムを子供に受けさせる。

大人になった子供たちは、会社で働く(労働者になる)ことが

当たり前だと思うようになる。

国「めでたし、めでたし」みたいな。

ちょっと偏見も入ってますけど、こういった側面もあると思います。

皆さんも思い当たる節はないでしょうか。

それで、この「会社で働くのが当たり前」と言う概念。

逆にとらえると、こんな風に言い換えることができます。

会社以外で収入を得ている(副業してる)なんて浅ましい・・・

会社員じゃないなんて信用できない・・・

個人事業は不安定で将来性がない・・・

退職金と年金がなかったら老後の生活は成り立たない・・・

こういった固定概念が僕らの生活を窮屈にして、

自由から遠ざけていると思うんです。

重要なのは自分の望む生活を手に入れるために、

どういう仕事で生計を立てて行くか、ってことではないでしょうか。

最初に言ったとおり、僕の理念は

会社に縛られない自由な生活を手に入れたい!

ということです。

でも、その思いの中には「会社で働くのが当たり前」という

クソみたいな社会通念に対して、一矢報いてやりたい!

という思いもあるからなんです。

自分のビジネスでしっかりと生計を立てていける!

会社の収入だけに頼らなくても安定してお金を稼げる!

会社だけに頼るよりも、ずっと自由な人生を生きれる!

会社員でなくとも社会的に何も恥じる必要はない!

ってことですね。

ある種の「反社会的思想」とも言えます(笑

あ、別に会社で働くことそのものを否定しているわけではないので、

誤解しないでくださいね。

あくまで僕が言いたいのは、

「会社の収入だけに頼る必要はない」

ってことと、

「会社で働くべきだという社会通念に流されないで欲しい」

ってことです。

自分のやりたいこと = 会社での仕事 ならば

全力で会社に行くべきですし、会社の収入を無理に捨てる

必要なんて全くありません。

むしろそれはとっても幸せなことだと思います。

ちなみに、僕は今現在も会社にいますが、

それは、会社の給与を収入源のひとつとして考えているからです。

それに、僕は今の仕事そのものが嫌いなわけではないので。

こういう考え方になったのは副業として、

自分のビジネスをはじめたからです。

いずれは独立して、自分のビジネスを複数もって、

自由な生活を手にいれるつもりです。

そのときは会社を辞めていると思いますが。

もしも、皆さんが僕の意見に共感してくださったり、

こういった悩みを持っているなら、もう少しだけお付き合いください。

必ず、あなたの人生の一助になれると思いますので。

■目的地をどこに置くか。まずはそこから。

mayoi

会社に頼らない生活を手に入れるために、

まず第一に決めなくてはいけないことがあります。

それは

将来的に自分がどういう生活を手に入れたいのか

ということです。

まずは、ゴールを思い描くってことですね。

これがあることで、行動がぶれなくなります。

そして考え方も柔軟になってくるんです。

僕の場合、ゴールとしているのは

ヒマリッチな生活を手に入れたとき

(※ヒマリッチ=時間に余裕があって、なおかつお金持ちの状態のことですw)

です。

これをもう少し具体的に言うと、こんな生活を想像しています↓

—————————————————-

労働日数:週に3日

労働時間:2~3時間

月収  :200万円以上

—————————————————-

この目標を達成するために、当サイトで紹介している物販ビジネスをはじめ

いろいろなビジネスに挑戦していきたいと思っています。

要は目標を達成できればいいわけですから、

ひとつの収入源にこだわる必要はないんです。

会社員の給料で生きていかなければいけないなんて、

誰も決めていませんよね。

なんとなくそういう空気が社会に漂っているから

みんなそうしてるんです。

で、みんながそうしてると、自分もそれに乗っからないと不安になるんです。

この中に、真の目的地を見据えている人がどれだけいるんでしょうか。。

僕も今でこそこんな偉そうに語っているわけですが(笑、

決意して自分のビジネスを始めていなかったら、

生涯ずっと狭い視点でモノをみて生きていたと思うんです。

毎朝、満員電車で会社に行くのは嫌だけど仕方のないこと。

残業したくない。だけどしないとお金が貯まらない。

将来の貯金・老後が不安でしかたがない。。

そのまま定年退職まで一直線~みたいな。

考えただけで背筋が寒くなります。

お金のこともそうなんですが、自分の人生を惰性で

生きてしまっていることがすごく恐ろしいし悲しいですよね。

僕は2012年に都内に自分の家を買いました。

家のローンは35年ローンです。

当時の僕は、ビジネスに出会っていなかったので、

一生をかけて家のローンを返済していく腹積もりでした。

ちょうど、アベノミクス効果とやらで景気が上向き始め、

半年に一回銀行から送られてくる返済計画書にビクビクしてましたよ(笑

でも、今は違います。

35年もかけるつもりなんて、さらさらありません。

どこかのタイミングで一括返済してやる、くらいの気持ちです。

そのくらいビジネスは僕に自信を与えてくれたんです。

・・・とだいぶ話がそれてしまいましたが、

僕の目標は週3労働の月収200万超えって話でした。

さらっと言いましたが、世の中の人はこの目標を

どうとらえるでしょうか。

そんなことできるわけないでしょ。現実をみなさいよ。。。

と言う声が聞こえてきそうです。

皆さんもそんな風に思ったでしょうか。

でも、僕は大マジメにこの目標を考えています。

そして、必ず達成できるという自信もあります。

そのために、今僕は着々と準備を進めているところです。

まぁ、目標達成には相当な努力を要すると思いますけど、

その先に、こういう生活が待っているのであれば

いくらでもがんばれると思いませんか?

一生懸命会社勤めしたけど、定年退職後に何も残らないかもしれない、、

みたいなことになるよりも、やってみる価値はあると思いませんか。

でも、ただ闇雲にがんばるだけではダメですよね。

しっかりと正しい方向に向かって努力する必要があります。

進んでいる方向がわからなければ、

自分のやっていることに自信がもてなくて

途中であきらめてしまうと思うんです。

じゃあ、進んでいる方向を示してくれるのは何なんでしょうか。

1_l

僕らはとても便利な時代に生まれてきました。

はっきり言って超ラッキーです。

何が便利かって、たくさんの人とインターネットで

つながることができるからです。

世の中には自分のビジネスノウハウを持っている人達がたくさんいます。

そういう人達とネットでつながることができる時代なんです。

ネットがない時代には出会うことができなかった人達ですよね。

僕も、今現在、そういう人達とつながっています。

自分の知らないビジネスを学ぶには、

知っている人に教えを請うのが一番です。

ピアノを習いたかったらピアノ教室に通って、先生に教えてもらうし、

英語を習いたかったら、英会話教室に通いますよね。

独学でプロのピアニストになるのは、現実的ではありませんよね。

ちょっと話はそれてしまいましたが、とにかく進むべき方向を

示してくれる人とネットでつながることができるということです。

だからまずは、できるできないということよりも、

最終的にどういう生活を手にしたいかを固めましょう、って話でした。

僕の場合ですが、自分の理想の生活をもっとリアルに思い描くため、

ヒマリッチになった後の、その少し先まで想像してみます。

日々の生活ですが、朝9時くらいに起きてきて、テレビを観ながら

ゆっくりとコーヒーを飲みます。

簡単な朝食をすませたら、近くのアンティークな喫茶店に

パソコンを持っていきます。

そこで記事を書いたり、ネットで仕入れをしたり。

2時間くらい作業したら、本日の仕事は終了です。

午後は自由なので、映画を観に行くか、買い物にいくか・・・。

あと、休みの日は子供の教育には時間をかけたいと思っています。

じっくり話をしたり、一緒なって遊んだり、同じことを習ってみたり。

お金に不安もないし、明日仕事もないのであれば、

もっともっとゆとりのある子育てができそうなんです。

別の意味でのゆとり教育ですね(笑

それから、毎月1度は3泊4日くらいの温泉旅行に行くと思います。

僕は東京住まいなので、まずは関東近辺の草津、鬼怒川、箱根あたりを制覇します。

旅行の期間が微妙なのは、あまりに長期旅行だと、食生活が乱れるし、

しばらく行きたくなくなっちゃうからです。。

他にもやりたいことはたくさんありますが、

ちょっと長くなりそうなので割愛します。。

こんな感じで、皆さんも自分の手に入れたい生活を

リアルに思い描いて欲しいんです。

目標が定まらないと、難題にぶつかったときとか、

失敗したときに気が変わってコロコロと

行動が定まらなくなってしまいますから。

実際、目標が決まっていざ歩き出してみると、

たくさんの難題が待っていますし、失敗もたくさんします。

僕もビジネスを始めた当初はたくさんの失敗をしました。

利益の出ない商品を仕入れてしまったり、お客さんからクレームをもらったり。

でも、モチベーションは一切下がったことはありません。

手に入れたい生活が明確になっているし、進んでいる方向が

間違っていないと確信しているからです。

ヒマリッチになるんだ、って決めちゃってますからね。

今どうしても欲しいゲームがあったとします。

ファミ通で概要も知っていて、

プレイしている様子がリアルに思い描けます。

早くゲームをやりたくて、ウズウズしている状態のなか、

発売日にお店に買いに行ってみたら、売り切れていて手に入りませんでした。

皆さんはどうしますか?

簡単にあきらめちゃうでしょうか?

僕ならあきらめませんよ。

別の店に行くとか、少し高くてもネットで手に入れるとか、

あらゆる手段を使って、何とか手に入れようとします。

それは、ゲームをやっている自分を早く再現したいからです。

どうしても今すぐ手に入らないなら、じっと我慢して入荷するのを待ちます。

変わらないのは「必ず手に入れてプレイする」という思いだけです。

そして、将来的にプレイしている自分がいると確信していますよね。

だから、自分の目標はできるだけリアルに思い描いて欲しいんです。

世間からバカにされるような目標であっても構いません。

事実僕はそんな目標を立てていますし。

—————————————————-

労働日数:週に3日

労働時間:2~3時間

月収  :200万円以上

—————————————————-

実は以前、会社の先輩にこの目標を話したことがあります。

あれは会社の忘年会の後、ちょっとお酒が入っているのもあって、

話をしてみようかなぁと思ったんです。

忘年会が終わった後に、ルノアール風のカフェに

2人で入って話をしました。

その人は今までかなりお世話になった人だし、

信頼できる人だったので、思い切って打ち明けてみたんです。

「オレ、今自分のビジネスで稼いでいるんです。」

「将来は独立してヒマリッチな生活を手に入れたいと思います。」

でも、残念ながら反応としては冷ややかなものでした。

「へぇー。そうなんだ。ふーん。なるほどね・・・。」

まぁ、いきなり話したってこともあったんですけど。

はっきり言葉で言われたわけではありませんが、

「あ、なんかコイツ変な方向にいっちゃってんのかな。。。」

みたいに受け取られた感触がありましたね(笑

あと、年末に地元の友達が集まったときにも話しましたね。

そのときはサイゼリアでした(笑

やっぱり、似たような反応でしたね。

「お前、やっと仕事が板についてきたんだろ。もったいないんじゃないの」

「そんな夢みてると、嫁にしばかれるぞ(笑」

みたいな感じで。

きっと、彼らにとっては不可能なことだと写ったんでしょうね。

親しい人達であっても、非現実的なものに聞こえるわけですから、

世間一般からしたらもっともっと冷たい視線だと思いますよ。

kurohige_1

まぁ、当の僕としては全然気にはしていないし、

むしろやる気が湧いてきたくらいなんですが(笑

というわけで、まわりが何と言おうと、たとえ笑われようとも、

自分が本気でそうなりたいなら、まずは自分の心にそう誓いましょう。

いわゆる「断固たる決意」ってやつです。

(※スラムダンクの安西先生の名言を参照のこと)

ビジネスをはじめる前までは、僕も社会の固定概念に囚われていましたし、

大人になって、いつの間にか自分の人生に期待をしなくなっていました。

でも、自分のビジネスをはじめたことで、

33歳にしてようやく自分の目指すべき生き方が

はっきり見えてきました。

自分のビジネスに情熱的に取り組みたい!

ヒマリッチな生活を送りたい!

家族とじっくり時間をかけて生きていきたい!

僕はこのゴールを目指して歩き出しました。

皆さんも自分の望みをしっかりと言葉に出して、

あるいは紙に書いて具現化してみてください。

まずはそこからだと思います。

誰もそのゴールを否定できないし、そんな権利もありません。

—————————————-

夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。

吉田松陰

—————————————-

ここまで、僕のつたないメッセージにお付き合いいただき

ありがとうございます。

りゅうぞう

P .S

僕の目指しているのはあくまで「ヒマリッチな生活」です。

でも、人それぞれゴールが違うと思います。

ヒマよりも忙しく働いている方が幸せだ!って人もいるでしょうし、

ひょっとしたらお金なんてない方がいいと考える人もいるでしょう。

よろしければ、皆さんが将来手に入れたい生活を僕に教えてください。

——————————————

ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

——————————————

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする