スポンサードリンク

せどりの基本は「全頭検索」から

■実店舗は気付きの宝庫

せどりでの気付き

せどり初心者だったころ、僕は実店舗の仕入れをメインに

やっていました。(今は電脳と半々くらいです)

最初は、せどりすとの入ったスマフォだけをポケットに入れて

他は何も持たずに、店内を片っ端から検索していましたね。

毎日毎日、会社帰りや休日に家電量販店をめぐりました。

実店舗仕入れをしていると、ホントにいろんな気付きがあります。

今まで見ていなかったところで、お宝商品が見つかったり、

交渉しやすい店員がわかってきたり、店の値付けの仕方から

抜き易い商品が読めてきたり・・・。

一緒にせどりを学んだ仲間とそういう情報を共有して

理解を深めていきました。

ホントに新鮮で、毎日楽しくて仕方がなかったです。

(最近はささっと仕入れていなくなりますがw)

というわけで、この「実店舗仕入れ」のカテゴリーでは

僕が店舗で学んだことや感じたことをアウトプットしていこうと思います。

■仕入れの基本、全頭検索

僕にせどりを教えてくれた先生が、よく言っていたことが

あります。

とにかく最初は全頭検索をしましょう。

全頭検索っていうのは、「隅から墨まで調べる」ってことです。

お店にはたくさんの商品が並んでいますよね。

大型家電量販ともなれば、それこそ死ぬほど商品があるわけです。

その中から利益の出る商品をどうやって見つけるのか??

わからないんです。

wakaranaihito

どこに抜ける(利益の出る)商品があるかなんて、

検討もつかないんですね。

だから片っ端からリサーチしていくんです。

一見無謀ですよね・・・。

全部見てったらいつまでかかるのか・・・。

もちろん、店内全ての商品を片っ端から見なくちゃいけない

わけではありません。

例えば、今日はカメラのコーナーをすべて調べてみよう、

っていう感じで、区切ってみていけばいいんです。

そうすることで、利益の出る商品がときどき見つかるんですね。

かなりの数を見ていかなくてはいけないので、最初はとても大変です。

僕の体感だと、20~30個調べて1つ見つかったら御の字です。

でも、苦労の末見つかると、こんなうれしいことあります。

  • 自分だけが見つけた可能性がある(ライバル少)
  • 次からはノータイムで仕入れられる(リピート化)
  • 商品の価格相場がなんとなくわかってくる(商品知識の向上)
  • リサーチに自信がつく(モチベーションアップ)

逆に、ワゴン品とか店頭特売品とかだけをリサーチしていると、

仕入れがいつまで経っても楽にならないんですよ。

セール品は在庫処分のためにやっているイベントとかが多いので

次に来た時にはない可能性も高いんです。

また、目立つところで売っているので、当然ライバルも仕入れてきます。

その商品の在庫がまだまだたっぷりあったとしたら

出品者激増→値崩れ→利益少となるわけですね。

もちろん、ワゴン品、セール品が悪いといっているわけではないですよ。

僕もお店に行ったら必ず確認します。

数量限定で、利益がガッツリ取れる商品も多々ありますし。

ただ、こういった商品だけを見てまわっていると、

長い目で見たときに、仕入れが楽になっていかないんです。

最初は徹底的に商品リサーチの数をこなして、リサーチスキル、

商品知識、店のクセなどを感じ取ってみることが大事だと思います。

そうすることで、リサーチの質が向上してきます。

いわゆる「量質転化」の法則ですね。

あ、気付いたことはアウトプットしてくださいね。

メモ帳に書いてもいいし、音声で録音してもかまいません。

せっかく学んだことなので、自分の財産として何か形で

保管する方がいいですし、そうすることで何より頭に残りますから。

では、今回はこのあたりで。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*