スポンサードリンク

せどり(副業)の確定申告 日々の経費記録はマメにしましょう。

tax

せどり、FX、株、アフィリエイト・・・。会社員の傍らで副業している方はたくさんいらっしゃると思います。そこでどうしても避けて通れないのが年に一回の「確定申告」。これを怠ってしまうと、あとあと大変なことになってしまうので
しっかりと納税をして、後ろめたいことがないようにしておきましょう。

こんにちは。りゅうぞうです。

先日、せどりをはじめて以来、初の確定申告に行ってきました。

やる前は難しそうで、メンタルブロックがありましたが、

実際やってみたら以外と簡単でした。

いろいろと学びがあったのでシェアしておこうと思います。

※注意 僕は税理士ではありませんので、以降の記事内容は

僕の自治区における一例として参考までに聞いてくださいね。

確定申告にいたるまでの流れはこういった感じでした↓

—————————————————

【毎日やっていたこと】

① 仕入れなどでもらったレシート、領収書を大事に保管する。

② 仕入れの内容をエクセルにまとめる。

・いつ

・どこで(誰から)

・何を

・いくらで買ったか

【月一でやっていたこと】

③ クレジットカード、銀行の明細を印刷

④ 光熱費の領収書のコピーを保管

⑤ アマゾンの売上明細をエクセルで管理

【申告前になってやったこと】

⑥ ②~⑤1年分の収支をまとめて1つのエクセル表にして印刷

【確定申告に行ってやったこと】

⑦ 「用意した書類⑥⑦」+「源泉徴収表原本」を持って税務署に行く

⑧ 税務署の人と一緒にe-taxを使って書類作成。作成したのは以下3つ。

・確定申告書B第一表

・確定申告書B第二表

・添付資料(源泉徴収表原本と⑥を張りつけ)

⑨ 区役所を訪問して住民税納付の念押し

—————————————————

今回の記事では、僕が1年を通して日々管理してきた①~⑤について

お話していきます。

■レシート管理(※毎日)

せどりは経費がたくさんかかるビジネスです。

その代表格はなんといっても「仕入れ」ですよね。

お店でもらうレシートはすべて必ずとっておきましょう。

これは基本中の基本ですね。

レシートは100均で売っている写真入れに保管しています。

こんな感じです↓

IMG_1609

180ポケットくらいあるので、1つのポケットに1日分のレシートを入れていました。

こうやって管理しておくとあとで探す場合に簡単です。(あまり探すことはありませんけど)

マメな人は1枚1枚ノートに貼り付けるようですが、僕はそこまでやっていません。

ほとんど振り返る機会がないので、あまり時間をかけすぎてもなぁ、、、と言う感じで。

■エクセルで仕入れ管理(※毎日)

レシートを保管すると共に、エクセルに仕入れの内容を記録していました。

最低限、以下の情報は記録しておくようにしてください。

・いつ

・どこで(誰から)

・何を

・いくらで買ったか

例)

[2014/03/11] [ビッグカメラ本店] [SONY ICレコーダー] [3758円]

レシートってバラバラとしているので、エクセルで表にして管理しておくと

後で集計するのが簡単です。

また、仕入れ以外でかかった経費についても、

せどりに関わるものは必ずとっておきましょう。

例えばこういったものですね↓

例)

・KDC200を買ったときのレシート

・有料のせどりツアーに参加したときの領収書や振込み履歴

・遠出して仕入れを行ったときの電車賃の領収書

・せどり仲間との飲み会のレシート

ちゃんと事業との関連性を説明ができるものであれば

大丈夫だと思います。

これもエクセルで管理していました。

時間が経つと、どんな目的で購入したのか忘れてしまうので、

備考欄を作ってメモして置くといいですよ。

■銀行、クレジットカード明細の印刷(※月に1回)

実際にお店で買ったものならレシートをもらえますが、

セミナーとか月額利用のツールなどを利用する場合、

領収書を発行してもらえない場合があります。

そんなときのために、支払った証拠を残す意味で、

銀行の入出金明細や、クレジットカードの利用明細をダウンロードして

印刷しておきました。

Web上で期間指定して一括ダウンロードできるなら簡単ですよね。

■光熱費の明細をコピーして残す(※月に1回)

僕は自宅が事業場所になるので、電気代、ガス代、水道代、通信費などを

経費計上しています。

これらの明細はコピーして保管していました。

ただし、僕は会社員をやっていますので、

すべてを経費計上するとウソになってしまいます。

(光熱費すべてをせどりにあててるわけじゃないですからね)

なので、1日の作業時間で換算して経費として計上しました。

例えば、僕の場合は1日平均3時間程度作業にあてていたので、

その月の電気代が8000円なら

1ヶ月のせどりの電気代

= 8000円 × 3(H)/24(H) = 1000円

という具合に計算しています。

この辺りの具体的な規則は決まっていません。

毎日、せどりにあてた時間を計っておく、みたいな

厳密な管理は必要ありませんが、

だからといってあまりにも事実とかけ離れた数字にすると

後で税務署の人に聞かれたときに説明しづらくなってしまうので、

あくまで常識的な範囲で時間換算しましょう。

■家賃は、、、計上できなかった。。

光熱費と同様、家賃も経費計上できるようだったので、

最初は計算に入れていたんですが、僕の場合はダメでした。

理由は、、、賃料じゃなくて住宅ローンだから。

僕は住宅ローンで家を購入しているんですけど、

この場合、会社の年末調整の方ですでに住宅ローン控除として

計上されているんです。

言い方に語弊があるかもしれませんが、副業の申告を別途行うってことは、

会社で申告した内容を、もう一度再計算して提出する

みたいなイメージだそうです。

(僕はそもそもこの考え方がわかっていませんでした)

なので、住宅ローンはすでに組み込まれているってことになるんですよね。

残念。。。

もしも賃貸の方でしたら計上できるようです。

家賃は金額的にかなりでかいので、

計上できるなら絶対にやっておきたいですね。

■アマゾンの売上明細(※月に1回)

最後に、アマゾンでの売上明細です。

アマゾンでの売上利益と手数料を1年分一気にダウンロードしました。

僕は商品毎すべてのやり取りを残しておきたいので、

1年分のトランザクションをガバッともってきちゃいます。

セラーセントラルの画面で以下の操作を行います。

①レポート > ペイメント をクリックします。

report_1

②ペイメントの画面で、「この期間の決済情報」を「次へ」で進みながら

各期間分を印刷していきます。下の方に印刷リンクがあります。


report_7

ちなみに僕はこれに加えて、トランザクションもすべて保管しています。

商品毎の販売価格と手数料などを正確に抑えておくためです。

トランザクションは期間を1年分指定して一発でダウンロードできるので簡単です。

参考までに手順を記載しておきます。

①レポート > ペイメント をクリックします。

report_1

②ペイメントの画面で「トランザクション」のタブをクリックします。

report_2


③トランザクションの画面で「期間のカスタマイズ」をクリックします。

report_8

④トランザクションの画面で絞込みは「すべてのトランザクション」、期間は1/1~12/31を入力して

更新ボタンをクリックします。

report_4

⑤右上のダウンロードボタンをクリックしてCSVファイルをダウンロードします。

report_5

このCSVファイルをエクセルに貼り付けてこんな感じしました↓

shusi_1

今回の確定申告ではこれは提出しませんでしたが、

何がいくらで売れてどのくらいの利益になったのか、、という記録は

整理しておかないといけませんからね。

■まとめ

確定申告に向けて日々やっておくことはこれです。

・仕入れる度にレシートをとっておく。

・月に1回はクレジットカード、銀行の収支を印刷しておく。

・月に1回は光熱費のコピーを印刷しておく。

・月に1回はアマゾンの売上明細を印刷しておく。

・月に1回はアマゾンのトランザクションを印刷しておく。

月に1回っていうのは絶対ではないんですけど、

僕の場合、数ヶ月に1回とかだと忘れちゃうんですよね。。

だから毎月1日にやるようにしています。

みなさんも確定申告に向けての準備は、日々やるようにしてみてください。

ギリギリになってテンヤワンヤするとはっきり言って地獄です(笑

あと、収支の確認をまめにすることは、商売をする上でとっても

大事なことだと思いますので。

では、次回は確定申告当日の流れや

作成した書類についてお話したいと思います。

では。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*