スポンサードリンク

ヤフオクせどりの力強い相棒。その名もBidMachine!

bidmachine_aibou

こんにちは。りゅうぞうです。

前回の記事では「ヤフオクは終了時間が重要ですよ」って話をしました。

こちらの記事ですね。「オークションは終了間際に注視せよ!

で、それなら終了間際に必ずパソコンの前にいなきゃダメでしょ、

って話なんですが、それを代わりにやってくれるツールがあります。

今、僕の相棒のごとく活躍してくれているツールですw

それが、このBidMachineってヤツです。

無料なんですけど、これがかなりよくできたシロモノです。

画面イメージはこんな感じです↓

bidmachine

検索、入札、通知などの機能があり、それぞれ充実した細かい機能を持っています。

僕も一部の機能しか使っていないので、そこまで詳しくないのですが、

フリーのツールとしては十分だと思います。

ヤフオクで検索するパターンは概ね網羅していますし、

並べ替えなんかもサイトと同様にできます。

検索条件ごとにタブで分けることができたり、検索したキーワードや出品者を

記憶しておいて、入力サポートできるところなどを見ても、

ユーザビリティ(使い安さ)をよく考慮しているように感じます。

また、見つけた商品を終了時間の短い順に並べて、かつそれぞれの残り時間を

リアルタイムで表示してくれるので、現状理解がとてもしやすいんです。

あと、自分の入札価格を更新されたときや、

自動入札用にセットしていた金額(まだ入札していない)を

超えて入札されたときなどに、アラートで教えてくれるのが

とてもありがたいですね。

(その商品はもう用済みなのでリストから削除しちゃいます)

それで、本題の自動入札機能ですが、おもしろかったのが、

時間になったときに「ジワジワ入札していくタイプ」と

一撃MAXまで入札するタイプ」があることです。

ジワジワっていうのは、現在の最高額を最低限上回る金額で更新していくってことです。

例えば、今、入札額が1000円の商品があったとします。

この入札は自分以外の誰かのものだとしますよね。

僕の入札上限額は10000円で、終了1分前に入札をするように設定しておいたとします。

そうすると、時間になったときに最低入札額である1100円で入札してくれるんです。

その後、相手が3000円で入札してきたら、さらに終了1分前に3100円で入札し直します。

このやりとりが、限界金額である10000円になるまで続きます。

僕は、時間になったら一撃MAXで入札する設定にしていますけど、

ジワジワ更新して、ライバルと何度もやり取りをする方が

効果的な場合もあるかもしれません。(今度試してみます)

あともうひとつメリットあげるとすると、このツールはサポートがいいです。

僕が最初にインストールしたときのことなんですが、

検索しようと思って適当にキーワードを入れて検索したら

「エラーが発生しました」って表示されて、それ以上何もできませんでした。

なんだ、このクソツール、使えねーなぁ・・・

と一瞬思いましたが(笑)、一応サポートに問い合わせてみました。

すると、ものの5分程度で、

Yahoo APIに仕様変更があったようです。すぐに修正します。

と、返答がありました。

その後、再度ダウンロードしたら普通に使えるようになりました。

Yahoo APIっていうのは開発者向けにYahooが提供している

プログラムの固まりみたいなもので、これは結構頻繁に修正が入ります。

なので、Yahoo APIを使って作られている入札ツール(たぶんほとんどすべて)は

まめにメンテナンスしないと動かなくなっちゃうんです。

無料のツールって、基本的にサポートはあんまり期待してないんですが、

予想以上に早い解答だったので好感が持てましたね。

僕以外の問い合わせを見る限りでも、誠意的に対応している感じを受けます。

これまでメリットばかりあげてきましたが、デメリットについても

触れておきますね。

ぶっちゃけ機能面においては、取り立てて大きなデメリットは見当たりません。

でも、運用の観点からするといくつかネックになる問題があります。

まず1つ目は、ハピタス経由で入札できないこと。

(ハピタスについて知らない人はこちらを見てくださいね)

これはツールのせいではなくて、使う側の都合なんですが、

これはちょいと痛い話ですね。。

特に、高額商品を落札するときなんかは、ポイントで送料をまかなえてしまうことが

あったりするのでもったいないです。

ハピタスのヤフオクに関する「ポイント対象条件」にもこんな記載があります↓

「※自動入札ツールを利用しての入札/落札は通帳にポイント記載されない場合がございますが、

この事象においてハピタスでは保証いたしかねますので予めご了承ください。」

むぅ・・・・残念。。

でも「落札できること」と「ポイント還元」のどちらが大事かを考えたときに、

まずは落札があってこそのポイント還元ですからね・・・。

このツールを使ってみて、効果が実感できたなら落札を優先すべきです。

あと、自分で入札できないときだけに限定して使ってもいいでしょうし。

それから、もうひとつ注意があります。

これはデメリットというか使用するための制約なんですが、

このツールは起動しているパソコン上でしか動かないので、

自分のパソコンは常に電源を入れておいて、ツールと起動しておく必要があります。

僕の場合、有料で契約しているバーチャルマシンが別にあって、

それが常に動いているので、そのマシン上で動かし続けることができるんですが、

多くの人はパソコンは自宅にある1台のみだと思います。

なので、オークションが終了する日は、

パソコンを起動しっぱなしにしておかないといけません。

パソコンをつけっぱなしにしておけば、多少電気料も食いますし、

PCにもよくないですよね。

これは、自分のパソコンにインストールして使うツールの性質上

どうしようもない制約です。

でも、有料でよければ月額513円でオークファンが提供している

自動入札ツールなどがあります。

これは、オークファンのサーバー側で入札を実行してくれるので、

自分のマシンをつけておく必要はありません。

(1ヶ月に3回までなら無料会員でも使えるようです)

僕はオークファンの方は使ったことがないのでなんともいえませんが、

人によってはこちらを選ぶほうがいいかもしれませんね。

他にも有料会員にはいろんな得点がついているようですし。

(登録はこちらのページからできます)

まぁ、BidMachineにせよ、オークファンにせよ、そのほかのツールにせよ、

要は、決まった時間に自動入札してくれりゃなんでもいいわけです。

ここを工夫するだけで、落札できる確立が大幅にアップするなら

やってみる価値はあると思いませんか?

オークション終了間際の入札は超大事な一仕事です。

皆さんも、自分の相棒をみつけてチャレンジしてみてください。

ではでは。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. さっと より:

    どうも、さっとです。

    Yahoo API使ってるツールは
    製作者の対応力がキモになってきますね。

    応援しときますね。

    • ryuzo より:

      さっとさん

      はじめまして。
      >製作者の対応力がキモになってきますね。
      フリーのツールって基本的にサポートの義務はないので、
      こういうところで誠実な製作者は信頼できますよね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*