スポンサードリンク

電脳せどりのメリットについて

■電脳せどりのメリットと自分のライフスタイル

dennou_sedori

こんにちは。りゅうぞうです。

これまで「実店舗せどり」を中心に取り上げてきましたが、

電脳せどりの記事もあげて欲しい」との声をいただいたので、

ちょくちょくアップしていこうかなーと思います。

「実店舗せどり」と「電脳せどり」。

せどりをやっていると、この2つのキーワードはよく出てきますよね。

どちらも「安く仕入れて高く売る」という原則は同じです。

実際にお店に行って探すか、ショッピングサイトで探すかという

些細な違いです。(リサーチの手段は若干変わってきますが)

今回はイントロダクションとして「電脳せどりの属性」について

僕の考えをお話していきたいと思います。

僕は今のところ実店舗せどりが中心ですが、

実を言うと、ゆくゆくは電脳せどりをメインに

していきたいと考えているんです。

なぜか?

それは、自分のこれからの「ライフスタイル」を考慮すると、

電脳の方が合っているのではないかと思うからです。

きっと、これは僕に限らず、当てはまる人は多いんじゃないかなぁと思っています。

そもそもですが、電脳せどりにはざっと考えただけでもこんなものがあります。

・隙間時間で仕入れができる

・場所を選ばない

・天候に左右されない

・肉体的限界がない

・店員に気を使う必要がない

こういったメリットは、店舗せどりにはなかなか求めづらい部分だと思います。

1個ずつ見ていってみましょう。

①隙間時間で仕入れができる

time_1

現代人はいろいろと多忙ですから、なかなかまとまった時間を

取ることが難しいですよね。

例えば、仕事が忙しくて帰ってくるのが遅かったり、

家事や子供の世話でなかなか落ち着いて自分のやりたいことが

できなかったり。

でも、合間合間にちょっとした時間はあったりしないでしょうか。

仕事の昼休みとか、子供が寝静まった後の数時間とか。

さすがに10分、15分では厳しいかもしれませんが、

1時間~2時間あれば1個でも2個でも仕入れはできるはずです。

これが実店舗せどりだと、そうはいきませんよね。

だってお店に行きたくても、すぐ近くにお店がなかったら

行っている時間はありませんし、夜遅ければお店は閉まっています。

僕の場合、会社でパソコンの前にいる時間が長いので、

時々ネットショップを見ていることがありますw

また、子供が2人いるため、土日のどちらかは子守をしています。

小さい子供のいるお父さんはご理解いただけるかと思いますが、

週末といえど、なかなかまとまった時間てとれないんですよね・・・。

集中して何かできる時間は細切れの1~2時間程度。

でも、こういった時間をかき集めると、結構なボリュームになったりします。

電脳せどりなら、パソコンの前に行けばすぐに仕入れが始められますので、

とても大きなメリットですよね。

②場所を選ばない

僕はたまたま都内に住んでいるので、お店に困ることはありませんが、

地方に住んでいる方は、実店舗のせどりには苦戦しているかも知れません。

これはお店の数、商品の数を考えると、どうしても発生してしまう

地域格差ですよね。

(地方はお宝が眠っている可能性も秘めているとも思いますが)

電脳せどりであれば、どこでも仕入れはできますので、

都内も地方も、さらには外国にいても条件は同じです。

パソコンの前に座ったら、もうそこはお店の前ですから。

また、店から店への移動もワンクリックですよね。

僕も今は都内在住ですが、ひょっとしたらこの先、

実家の静岡に帰る可能性もあります。

子供の教育や親の面倒を考えると、そういった可能性もあるんですね。

そうなれば、おのずと電脳中心に切り替えざるを得ないわけです。

仮にそうなったとしても、もともと電脳中心であれば対して影響は出ません。

どこにいてもクリックひとつで商品が買える。

ほんとうに便利な時代に生まれたと思います。

③天候に左右されない

rain_1

これも店舗せどりには大きな影響を与えます。

ちょっとした雨なら、折り畳み傘とかで十分かもしれませんが、

結構本降りだったりすると、かさやカッパが必要です。

せどりは極力フリーハンドが望ましいので、かさなんて持ってたら

かなり作業効率が下がってしまいます。

また、雨が降っていると商品が濡れないようにいろいろを気を使いますよね。

もっとひどい天候の場合、例えば、台風や大雪のときはそもそも

外に出ることすらできません。

逆バリ的な発想で、あえて悪天候のときにお店に行くのもいいのですが、

正直なところあまり気はすすまないですよね。。

でも、電脳せどりの場合はこういった要素も何のそのですよね。

なにせ家から一歩も出ませんから。

④肉体的限界がない

ある程度仕入れができるようになってきた方で、

電車や徒歩を利用している人は「肉体的な限界」を

感じたことがあるかもしれません。

つまり、

・荷物がかさばって持ちきれない

・重すぎてしんどい

・歩きすぎて足がクタクタ

とかです。

せっかく調子がよくて、まだこの後もいい仕入れができそうなのに、

こういったことが原因で中断するのは残念ですよね。

配送してもらうという手もあるんですが、その場合は

配送料分の利益を見込めなくてはいけませんし。

また、僕の場合は会社帰りに仕入れをして帰ることがあるんですが、

その際、地元の駅から自宅までは自転車で帰っています。

カゴにカバンと荷物を入れ、片手に大きな紙袋やダンボールを抱えながら

運転するとフラフラして結構危ないんですよねw

電脳なら体力も使わず、家まで商品を届けてくれるので楽チン・安全です。

⑤店員に気を使う必要がない

初心者の方は結構これがネックなのかなぁと思います。

例えばこんな懸念ですね↓

・ビーム当ててたら店員に何か聞かれないか?

・たくさん買ったら何か言われるんじゃないか?

・顔を覚えられて出入り禁止になったりしないか?

僕も今はあまり感じなくなりましたが、

最初の頃は結構こんなことを思っていましたよ。

今も完全にないと言ったら嘘になります。

やっぱり、所詮は転売行為ですからね。

お店からよく思われないのは仕方がありません。

その点、電脳は相手に気を使う必要がありませんよね。

表面上、対応してくれるのはシステムですから。

もちろん、ネットショップであっても、

転売を禁止を謳っているサイトはありますので、

やりすぎればアカウント停止されてしまうこともあると思います。

でも、店舗のように面と向かって言われるわけではないので

精神的なダメージは少ないように思いますw

というわけで、電脳せどりのこういった属性から

今後は電脳を中心にしていきたいと思っているわけです。

もちろん、店舗は店舗で続けますよ。立地条件は十分に活かしたいですし。

何より店舗せどりにはそこでしか味わえない楽しみがあります。

商品を直に見て見つけるワクワク感や、お宝を持って帰るときの喜びは

電脳にはないものです。

でも、それは会社帰りとか、休日の一部を充てるだけでも

十分かなぁと思っているんです。

皆さんも、自分のライフスタイルを加味した上で

店舗せどりと、電脳せどりのどちらに重きを置くかを

考えてみてはいかがでしょうか。

------------------------------------------
ランキングサイトに参加していますので、

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
------------------------------------------

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. たよち より:

    どうも、こんにちは。

    私は最近は電脳ばっかですね。
    実店舗なんて、1ヶ月に1回行くかなーって感じですかね。
    最初の頃は、週末は必ず実店舗に出向いてましたけど・・・・
    (当方埼玉在住ですが、都内みたく1つの区域にお店が密集してる訳じゃないので
     効率悪いし、何と言っても車の燃料代が痛い・・・。)

    個人的に、都内以外の地域が活動圏であるなら、電脳は必須だと思ってます。
    後、やはり店員さんの顔色を伺いながらの実店舗リサーチは面倒ですね。
    実店舗で3回声掛けられたので、余計負担に感じてるのかもしれませんが。

    という事で、電脳は個人的には大変お世話になっている、仕入ルートですね。

    • ryuzo より:

      たよちさん

      こんにちは。

      >私は最近は電脳ばっかですね。
      そうなんだー。
      燃料費を考慮すると、店舗は結構シビアですね。。
      これからの季節は寒いですし、
      暖房の効いた部屋で電脳がいいっすねw

      >実店舗で3回声掛けられたので、余計負担に感じてるのかもしれませんが。
      懐かしいですねw
      ビームとスマフォを合体させてた辺りでしたっけ。
      やっぱり電脳はそういったストレスがないのもメリットだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

*