ツールの設定(KDC200編)

【スポンサードリンク】



■せどりの絶対的アイテム「KDC200」の設定

さて、せどりすとの設定が終わったら、

今度はバーコードリーダー(KDC200)の

設定をしていきましょう。

 

KDC200の購入を保留にしている方は

この章はとばして「せどりの仕入れ基準」

へ進んでください。

 

僕はスマフォがiphoneをなので、

iphone接続を前提に説明します。

 

Androidの方は別のサイトを参照ください。

ごめんなさい・・・

 

KDC200はとても便利なツールですが、

最初にやや面倒な設定をしなくてはいけません。

 

ちょっと長くなりますが、

ひとつずつ手順を追って説明しますので

ついてきてくださいね。

 

 

 

■設定に使用するボタン

まず最初に、設定で使用するボタンは

画像の赤枠の3つだけです。

 

kdc200_intro_2

 

真ん中のボタンが「スキャンボタン」。

設定中の決定や、バーコード読み取り時に

ビームを飛ばします。

 

側面の上のボタンが「アップスクロールボタン」。

設定中に選択を上に進めるために使います。

 

側面の下のボタンが「ダウンスクロールボタン」です。

設定中に選択を下に進めるために使います。

 

また、「アップスクロールボタン」と

「ダウンスクロールボタン」を同時に押すことで、

設定メニュー画面が表示されます。

 

では早速、設定メニュー画面を表示してみてください。

 

 

■バーコード読み取りの設定をする

最初に、バーコード読み取りの基本設定をします。

手順どおりに進めてください。

 

1.読み取りを行うバーコードの種類を設定します。

①Set Barcodesを選択します。

barcode_set_002

 

②以下をすべて選択(*印)してください。

EAN13

UPCA

UPCE

CODE39

CODE128

barcode_set_003

 

③Save & Exitを選択します。

barcode_set_004

 

2.読み込んだバーコードを保存しないように設定します。

※KDC200のデータ容量がいっぱいになると

読み取りができなくなっちゃうので設定します。

 

①Data Processを選択します。

barcode_set_005

 

 

②Wedge/Storeを選択します。barcode_set_006

 

 

③Wedge onlyを選択します。barcode_set_007_1

 

 

 

④Save & Exitを選択します。barcode_set_007_2

 

 

3.読み込んだバーコードに改行コードを付加します。

※この設定をすることで、連続読み取りが可能になります。

①Terminatorを選択します。

barcode_set_008

 

 

②CR + LFを選択します。

barcode_set_009

 

 

 

③Save & Exitを選択します。barcode_set_010

 

 

④Top Menuを選択します。

barcode_set_011

 

 

4.スリープ時間を設定します。

①System Configを選択します。

barcode_set_012

 

 

②Sleep Timeoutを選択します。

barcode_set_013

 

 

③1 second(s)を選択します。barcode_set_014

 

 

④Save & Exitを選択します。

barcode_set_015

 

 

5.スキャンしたときにアラートが鳴らないように設定します。

①Beep Alertを選択します。

barcode_set_016

 

 

②Beep Soundを選択します。

barcode_set_017

 

 

③Disabledを選択します。

barcode_set_018

 

 

④Save & Exitを選択します。

barcode_set_019

 

 

⑤Top Menuを選択します。

barcode_set_020

 

 

6.明るさを暗くしてバッテリーの消耗を抑えます。

①Brightnessを選択します。

barcode_set_021

 

 

②1 levelを選択します。

barcode_set_022

 

 

③Save & Exitを選択します。
barcode_set_026

 

 

④Top Menuを選択します。

barcode_set_024

 

 

7.iphone接続用の設定を行います。

①BT Configを選択します。

IMG_1169

 

 

②Connect Deviceを選択します。

IMG_1170

 

 

 

③HID iOSを選択します。

IMG_1171

 

 

④Save & Exitを選択します。

IMG_1172

 

 

⑤Top Menuを選択します。

IMG_1173

 

 

 

■iphoneと接続してみる

ではいよいよ、iphoneとKDC200を接続してみます。

 

1.KDC200側を接続待機状態にします。

①BT Serviceを選択します。

IMG_1174

 

 

②Pairngを選択します。

IMG_1175

 

 

③こんな画面になりましたね?

この間に以降のiphone側の接続設定を行います。

IMG_1200

 

2.iphone側を接続状態にします。

①ホーム画面から「設定」をタップします。

IMG_1176

 

 

 

②Bluetoothをタップします。

IMG_1178

 

 

 

④「検索中」となっていますが、

しばらくするとKDC200が出てきます。

IMG_1195

 

 

 

⑤KDC200をタップします。

IMG_1196

 

 

 

⑥KDC200との接続が確認できました!!

IMG_1197

 

 

■いよいよお試し!バーコード検索をしよう!

これで、設定は終了です。

 

早速、バーコードリーダーで商品情報が

検索できるか試してみましょう。

 

①せどりすとを起動したら、ISBNというところをタップして

フォーカスを当てておいてください。

せどりすとお試し_02

 

 

 

②商品バーコードにKDC200を当てます。

IMG_1190

 

 

③そうするとこんな風にバーコードが読み込まれて・・・

せどりすとお試し_03

 

 

④無事に商品情報が検索できました!!!

せどりすとお試し_04

 

 

 

・・・ふうぅー。お疲れ様でした。

 

せどりを始めた当初、

バーコードリーダーとせどりすとが

どうやって連携して商品検索をするのか

イメージが湧きませんでした。

 

この設定を行い、初めてバーコードを読み込んだときは

感動しましたね!!

 

うおっ!!スゲー、速えぇー!!

って。

 

家にある本とかDVDとかをジャンジャン読み取って、

遊んでいました。

 

本当に新しいことだらけでした・・・。

時が経つのは早いもので、あれからもう半年以上。

 

最近では、読み取りの調子がちょっとでも悪いと、

クソがぁー!!さっさと読み取れやー!

ってなりますがw

 

では、次はどんな基準で商品を仕入れればいいか?

せどりの最重要ポイントに迫っていこうと思います。

 

お楽しみに・・・

 

>> せどりの仕入れ基準(イントロ) 仕入れに必要な2つの要素 につづく

 

【スポンサードリンク】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA