その仕入れちょっと待った!価格はホントに適正ですか??

【スポンサードリンク】



■Amashowを見たら、直近価格があがっている。。

wait

 

 

つい最近、以前Amashow(アマショウ)と呼んでいたサイトが

改名をしました。これからは「モノレート」と言うらしいです。

モノ(物)のレート(価格変動)ということみたい。

 

・・・ということは、つまりこれからは、

amashow分析 → モノレート分析

ってことですねー。

 

・・・うん、どっちでもいいやw

 

ちょっとまだしっくりこないので、

しばらくは今のままamashow分析といいますねw

 

 

で、本題に入ります。

以前、せどり基本講座の方でamashowの基本的な読み方を紹介しました。

こちらですね↓

Amashow(アマショウ)分析から売れ行きを判断する

 

今日はもう少しだけ突っ込んだデータの見方について

ふれておきたいと思います。

 

今、あなたがお店でリサーチをしていたら、

この商品が6200円で売っていたとします↓

sample_1 sample_2

 

①3ヶ月の波うち回数は余裕で12回以上

②最安値8552円でシミュレータ計算すると利益額が1336円

③利益率は121%

 

仕入基準はすべて満たしているから、はいオッケー!!

とっとと仕入れるぜー!!

 

・・・といいたいところですが、ちょっとお待ちを。。

 

直近の価格と少し前の価格を比べてみてください。

rate_1

 

この商品は最近になって、価格が上がっていることがわかります。

少し前までは6600円だったのが、最近8500円近辺になっていますよね。

 

こんなとき、重視しなくてはいけないのは「価格の実績」です。

 

つまり、どういうことかというと、

これまでにも8500円近辺で売れたことがあるかを

確認する必要があるってことです。

 

これは重要ですよ。

せっかく仕入れても、8500円では誰も買ってくれないのであれば

結局価格を下げなくてはいけなくなり、赤字になってしまいますから。

 

モノには相場があって、この価格じゃだ~れも買いませんって値段を

付けていても一向に売れていきません。

 

で、この3ヶ月間で見てみるとどうでしょうか。

 

ランキングの推移を見る限り、波打ちはやや荒くなっているものの、

8500円くらいでも、何度かは売れているようですね。

(3ヶ月間で12回という基準を満たしているかは分かりませんが)

 

なので結局、仕入れても問題ないかな、という結論で

いいわけなんですが、

 

仮にここで、波うちが確認できなかったとしたら、

あなたならこの商品を仕入れるでしょうか?

 

売れているかどうかが分からなければ、

やめておいて別の商品を探すのもひとつの手ですよね。

 

でも、過去のデータをもう少しさかのぼって

みてみることである程度推測することもできるんです。

 

こちらは今の商品の過去6ヶ月間のデータです。

sample_1

 

価格の一部に山になっている部分がありますが、8100円でした。

波打ちはありそうに見えるのですが、推移データ確認した限りでは

この価格で売れているのかどうかは確認できませんでした。

 

では、もう少しさかのぼってみることにします。

 

今度の画像は1年間のデータです。

sample_2

 

以前は8800円であったことがわかり、

この価格でも売れていたことが確認できました。

(これはちゃんと推移データでも裏が取れました)

 

この情報から、

8800円で売れていたんだから、8500円でも買ってくれる人はいるだろう

と推測できるわけです。

 

 

この商品については、とりあえず大丈夫そうでしたが、

次の商品はどうでしょうか↓

sample_5 sample_3

 

直近で4980円の価格を付けていますが、

1年間のグラフを見ても、この価格で売れた実績はなさそうですね。

(赤線が4980円のライン)

 

つまり、この価格では高すぎるんです。

ランキンググラフを見てもらうと分かりますが、

4980円の価格帯になってからは

ピタッと売れ行きがなくなりました。

 

この商品を見つけて、4980円を基準に利益計算してしまうと、

実際は赤字になってしまいますよね。

 

 

商品リサーチに慣れてくると、調子に乗ってきて

amashow画面をチラッと見ただけで仕入れちゃったりします。

 

家に帰って、よくよく見てみたら、適正な価格じゃなかった、

なんてことがあるものです。

少なくとも僕はときどきやっちゃいます。。

 

なので、皆さんも仕入れをするときに、

今の最安値が本当に適正な価格であるかどうか?

ということを意識するようにしてください。

 

やり方は、今やったように3ヶ月→6ヶ月→・・・と

さかのぼっていって、実績のある箇所を探すだけです。

 

それでは今回はこの辺で。

 

■適正価格の注意点に付いて解説動画を作りました

 

 

 

【スポンサードリンク】



2 件のコメント

  • はじめまして、りゅうぞうさん。
    ハンブルと申します。
    せどり情報から寄らせて頂きました。
    アマショウの名前が変わったのですね。
    知らなかったです、ありがとうございます。
    サイトの見方などとてもわかり易く勉強になります。
    また寄らせて下さい。m(__)m

    • ハンブルさん

      はじめまして。
      訪問いただきありがとうございます。

      >アマショウの名前が変わったのですね。
      そうなんですよね。
      あれ、いつのまに・・・って感じでw

      これからもいろんな情報を発信していきますので、
      ぜひまたいらしてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA